大掃除の前に粗大ごみを処分

私は、普段の掃除や整理整頓は割と好きなのですが、捨てるという行為がものすごく下手です。

先日、衣替えのついでに押入れのダンボールを空けると、壊れたミニコンポが入っていて愕然としました。

この、ミニコンポの他にも、我が家には息子が小さい頃に使っていたスキー板、何故か複数台ある電気ポッドと扇風機、ガタガタで座れない椅子など、不用品が静かに確実にたまっています。

大掃除の前に気が付いて良かったです。

ゲームソフトや書籍などであれば、古本買取の専門店が引き取ってくれます。

店舗へ行かなくても査定しに来てくれたりするので特に面倒ではありません。

衣類なら燃えるごみへ、雑誌などは資源回収に出せばいいだけです。

でも大きなごみになると、わざわざ市の回収の予約をし、玄関前に自力で運んでおかなければならないので、この手間がどうにも面倒で、何年も後回しにしてしまっていました。

アウトレットで売れるような家具や家電だったら良いのですが、大体が昭和の物でなおかつ壊れています。

不用品だと思ったらすぐに処分する、その癖を付けないといけないと、つくづく反省しました。

もうすぐ年末なのでそれまでに、まず粗大ごみをこつこつと片付け、物置や各部屋の押入れに空間が出来てから大掃除をする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です